Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

こしかさんが書け書けっていうから。

知らないうちに心配してた人が亡くなってた。
かなり前に。
ほんとうは書きたくなかった。
だってさ、1年も前だし。
近くのひとってわけでもないから実感もないし。
でも朝になると思い出して。
電車に乗っても思い出して。

かなしいけども、
もうあのひとが苦しむことがないんだったらいいのかもしれない。
見てるのもつらいような状態だったから。
だからどこか安心した部分もある。

たのしくて、才能もべらぼうにあるひとだったから
すごく勿体ないけど、だからこそあんなに才能あったのかもしれない。逆に。

ただ、あのひとを亡くしたことが、この世界にとってすごく勿体ないことなんだって
気付いているひとが少ないことが、残念でならない。

そのひとの人生なんだからどうやって死のうとそのひとの勝手だと思ってる。
あのひとはあのひとなりに精一杯生きた。
だからワタシは自殺を一概に悪いとは言わないし、思うことさえできない。
勿論、ちかくにいるひとは大変な思いをするだろうけど。
ちいさいころから自分のまわりでも死はたくさんあったからすこしはおもうところがある。
でもこの先ワタシが200年生きたとしても、あのひと程生きたとはおもえないんじゃないか、とおもう。

会えてよかったひと。いてくれてよかったひと。
おやすみなさいってだれよりもつたえたいひと。


Собака
[PR]
by pastsarami | 2011-06-09 19:59 | на днях
<< いま、マスクはするべきか否か(... 知らないうちに >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング