Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

インフルエンザ

インフルの検査をしに行った。初めて。
あんな検査するくらいならインフルでいい。

でも病院はつっこみどころ満載で楽しかった。

ちりんちりん(ドアを開けたら音鳴った)
(へへ、久しぶりの病院だから、どきどきしちゃうな)
「こんばんはー」
さて、スリッパは、と…と靴を脱ぎかけると貼紙が。
「土足のまま、お入りください」
(おぉ、そうか。土足ね土足。)
入って診察を乞う旨を伝え、熱を計る様指示される。
計る。おぉ、37度。
何故か、病院の体温計はいつもより高くなる。
あれ、どういう構造なんだろ。
しかし…ふつー問診票とか、記入しないのかな。まぁ、いいけど。

結構すぐ呼ばれる。はいはーい。
入ってみると、無駄に広い。
でもって、よわよわしたおじいさん先生なのに、すごい早口でなに言ってるかよくわかんない。
しかも無駄にパソコンでかい。
隣にも普通のパソコンがあって、何やら何かを検索していた様子。
「症状は?」
「えっとー、喉痛くて、鼻水。あと微熱です。」
カタカタパッチーン
(ほげー、カルテ筆記じゃなくて、パソコンに打ち込んでる、この先生。
おじいちゃんなのにすげーな。でも変換ちがうよ。)
そのあと、ちょっと、勝ち誇ったように言う。
「インフルエンザってのはさー、38度以上ある人なんだよー」
(うん。でも今年のインフルエンザってそんなに発熱しないんだって。)
「だからさー、別に出ないと思うよ?何でそんなに調べたいの?」
「いや、会社が食品系なんで、もしインフルだと休まなきゃなんでー」
「そりゃそうだ!」←すごい反応早い。
そして、先生は何やら、国境なき医師団が使うようなものを持ち出してきた。
「逃げないでね。ちょっとつーんとするんだけど。はーい逃げない逃げない」
と言い、ワタシの後頭部に手をやり、鼻の中に国境なきが…!
ぐお!痛いイタイよ!
すげー痛い。からだに穴をあけられた感覚!
全力で抵抗するが、じいさんのわりに彼の力は異常に強く、なんとか検査終了。
ふー、よかった、先生力強くて。もし弱かったら、ワタシは100%、壁に激突していただろう。
それくらい全力で抵抗しちゃった。てへ。

「10分くらい待って。マスクしてねマスク。」
すごすご待合室に行き、マスクをする。

待ちながら、ぼーっとする。
(へー、あのひと、院長先生なんだ。)
ちらり。隣の診察室を見る。
(「副院長」へー。)
よく見ると、先生のスケジュールも貼ってある。
(…院長と副院長しかない…まぁ、そりゃ二人しかいなかったら、院長と副院長だろうよ!)
ひたすら待つ。お。呼ばれる。

院長先生は、何やら妊娠検査薬の検査表みたいなのを持ってきた。
「こっちが陰性。こっちが陽性。ほらね。あなたこっちじゃなくてこっちだから、違うの。わかる?こっちがこうで、こっちが…」
やけに丁寧に検査結果を伝えてくれる。
はは、それ楽しーんすか。

どーもどーもと言って、会計を待つ。
すると何やら、看護婦さん?がかちゃかちゃと動き出す。
おや?やけにイギリスなお茶セットが出てきた。
おまえら、これからお茶か!

そして、もうひとりのひとが、何やら、すごいでっかいパソコンでカタカタ、パチ。カタ、パチ。
見るとすごいハイテクチックなものを使っているが、使いこなせない様子。
いちまいのなにかを出すのに、15分はかかっている。
…なぁ、手書きすれば?

やっと呼ばれて、お会計。
ふーありがとさん。


Собака
[PR]
by pastsarami | 2012-03-04 00:57 | на днях
<< マニアはどこや ~風 >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング