Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

不細工な血

電車を待っていると、後ろからつまらなすぎるカップルの会話が聞こえる。

何やら、おんなのこのほうが何度も同じことを言っている。

内容としては、「自分は東京育ちだし、一人旅なんて不安だ。さみしすぎる。」といったもの。

それに対し、おとこのこが言うのは「駅弁食ってれば着くよ」

…おまえら、そのどーでもいい会話はなんだ。

でも、まぁカップルの話なんてたいがい内容なんてものはなく、
こんなもんですよね、と思いながらイス取りに励むさばかさん。

そんなさばかさんの向かい側に、どうやらその内容のないカップルが座ったようだ。
まー座ってくださいよ。

そんなこんなで20分ほど時間が経ち、
よくわからないけど、その内容のないカップルの女の子と目が合った。
え、不細工笑。
これが思ったより不細工で、ワタシは笑いがこらえきれなかった。
これは笑撃。
しかも、おとこのこのほうも、一体どこから探したんだというほどに同レベルのぶさいく。
これは奇蹟の出会い。
何か似てるし。兄妹かのごとく似ている。

観察していると、とても幸せそう。
ワタシは少し胸が痛む。
ここまで同レベルの器量同士ですから、産まれてくる子供にもかなりの確率で受け継がれるでしょう。
…終わった、もうだめだ。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2012-08-22 23:03 | на днях
<< 気を取り直して石。 小杉勇 『おヤエの女中の大将』 >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング