Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

疑惑の詐欺商法、しかしそれを覆す即興力

コシカさんがニヒル牛に行ってきた。
それがすべての始まりだった。

たまたまぽた牛がやっていた。
まだやっていたことすら知らなかった。

しかし、あのあるさんである。
当然のように参加することになったらしい。
勝手に手筈が整えられ、ニヒル牛2に行ったときにはすでにひろかさんが…。
一応ここで注釈しておこう。
ぽた牛は無料ではない。
有料である。

しかし本人の意思とは無関係に参加用意がなされ、
結果最後には勿論参加料金(材料費)を払わされるわけである。

あるさんとひろかさんによる巧みな詐欺商法にひっかかってしまった被害者K(コーシュカさん)なわけである。
「まさかこんなことになるとは思いませんでした。」(本人談)
※断っておくが、別にこの企画自体がどうのということではない。
このあるさんの商法、いわばあるさん商法のことを言っているのである。
ガッチン商法に近い。

しかししかし、さすがのコシカさんである。
そんな状態にもかかわらず、圧勝の即興力で皿の絵付けを完了させてきた。

a0123602_2228462.jpg


圧勝にも程があるだろう、と言いがかりをつけたくなるほどの
圧勝ぶりである。

ふむ。このうろこがリアルに描けないと悟った結果の、たくさんの色うろこが
あからさまに毒を持っていそうでいい。
スパナかなにかの工具とあからさまに具合が悪くなりそうな謎色の液体も持っているし、殺す気まんまんだな。
と思ったら、どうやらスパナではなくフォークらしい。
そうか。フォークで目つぶし作戦か?
きついな。

すばらしい出来栄え。
しかし売値設定を聞いてみると、なんとコシカさんは言い値でもいいと思っているけど
まーしかたないな700円くらいかな、と最初思ったらしい。
なんてことだ。こんなことだから詐欺商法に引っかかるのだ。
善良なひろかさんのおかげで、なんとか1500円という参加費よりは上の値段で
設定できたらしい。そのうちさらに値をひきあげにいかねば。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-02-02 22:28 | на днях
<< ターニャがいなくなった 史上最悪の呼称 >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング