Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

仕事のできないやつとできる方 2

さて、次に注意すべきなのはデータの入力方法である。
入力の仕方がラフなやつは注意である。
半角と全角をごちゃまぜにするやつは注意である。
特に、あらかじめ表記は一緒にする様伝えたにも関わらず、ごちゃまぜにするやつは
要注意である。

勿論、今回のできる新人はごちゃまぜにしない。
揃っていた方が、見たときに綺麗である。それを選ぶということは、第三者が見てもわかりやすいという
ことが判っている。本能で判っている。

見やすいと自分も仕事がやりやすく、結果仕事の効率にもつながる。

ごちゃまぜにするやつは、大抵第三者のことが想像できずに
データの複製をむやみやたらにすることが多い。
ここまでいくと最悪である。
どのデータが一番新しいものか、自分さえ判ればいいと思っている。
それ以外の必要性には全く気が付いていない。

こういう人間は、次に引き継ぐ人間の事も勿論考えていない。
それは会社の事を考えていない人間である。
だから、新しいアイディアなど浮かばない。
言われたことしかできない。言われたことも十分にはできない、そんな人材である。

ここでポイントなのは入力というところである。
はっきり言って、手書きの表記方法については、誤りなく業務がこなせ、第三者にも理解できる
のなら表記方法はどうでもいい。

しかしできないやつらというのは、この表記は一緒にしたがる傾向がある。
何故ならば、最終目標が判っていないからである。
同じもの書いておけば間違いはないという認識である。
別にこれは問題ないのだが、では何故入力になるとそれらをぶち壊すのか。
さばかには理解できない点である。

また、予定表などのデータを作るよう言って、やけに複雑なものを仕上げてきた場合も注意である。
これはよくわかっていない証拠である。
予定表はあくまで予定表であって、そこに全情報を載せる必要はない。
要約した1単語、長くても1文でいい。
それをだらだら書くやつは、最終目標が判っていない、要約のできない人間である。
国語力も欠落している怖れがある。

国語力。事務をやっていく人間にはまずこれが必要である。
さばかは事務には向いていないが、この世の中にいる事務員たちのレベルは
そのさばかよりも相当に低いと断言する。

しかし今回の新人のように、目みはるほどのできる人材もいるのである。
そんな人材を今の人事の人間がどこまで見落とさず、拾い上げていっているのか。
ここについてもさばかは失望している。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-05-05 10:58 | на днях
<< 衝撃の事実 仕事のできないやつとできる方 1 >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング