Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

知人の為に~恋愛話のつまらなさについて~

おなかがいたくてしょうがないので、気晴らしにブログを更新することにする。
何について書こうか。
先日、知人から恋愛話しかしない奴にストレスを感じている旨を告げられた。
いや、実は何度か聞いているが。

なので、今日はそのことについて少し書いてみようとおもう。

基本的に恋愛話をしてくるひとというのは、大して教養がない人間が多い。
よって語彙も貧困、ウィットのある会話力もなく、少々の演出すらできない。
その為、話を聞いていてもちょいとの面白みも感じられないのである。

しかも本人が基本的に魅力的でないことが多い。
こーしゅかさんは言った。
顔が好みではない人間の話には興味は持てないし、その人間自体にも興味は持てない と。
その通りなのである。
例えば、この話をしてくる人間が井上陽水ならばいくらでも興味は湧く。
うんうん、それで!?(鼻息荒めで)ってなもんである。
しかしながら、きっと陽水は話すテンポもそんなに早くないし、きっとこちらの予想をはるかに上回るほどの
抽象的なせかいを醸しだしてくるので、こちらはじっと陽水を見つめながら待つのみである。
それでも、その時間は貴重だし何より濃密な時間だと錯覚させてくれる。
が、現実はとなりにいるのは陽水ではなく、たいして可愛くもなく、たいして頭もよくないっていうか悪い、
器量も悪けりゃ無教養の輩である。

更に、そんな輩の相手はと言うと、これまたどうでもいい人間なのである。
どうでもいい人間のどうでもいい話。
そしてそういったどうでもいい人間たちとのどうでもいい遍歴。
どうでもいいづくしである。

職場のミヨちゃんが「これ、彼氏の写真なんだけど…あ、ちょっとピンボケしてるほう…」
と顔を赤らめながら以下の写真を渡して来たとする。




a0123602_17301633.jpg


さばかは大急ぎで言うだろう。
「え!? …木製!?」
もう根掘り葉掘り聞かないわけにはいかないのである。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-06-11 17:38 | на днях
<< こぶのだらん Le Pitre châtié... >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング