Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

谷文晁からの その3

サントリー美術館は絵巻が好きなのか、そういった展示が多いようだけど
細長いカードなんかも置いてある。

あの有名な道成寺のお話。



a0123602_9395437.jpg

『道成寺縁起絵巻』

この道成寺縁起絵巻っていうのは、いろんなひとが描いたパターン違いがいくつもあって
ちょっと調べてるだけでもおもしろい。
これは何となく全体的に線がしゅっとしたものだけど、なるほど安珍が美男子だ!と納得する絵巻
なんかもある。

道成寺のお話は有名すぎるけど、コーシュカさんはあんまり知らないみたいだからざっくり解説するとね
熊野に参詣しに来た美形の僧・安珍がある宿に泊まったら、そこの女主人・清姫に一目惚れされちゃって
夜這いまで受ける…と。
わたしは参詣に参ったので、こんなことは困る…って拒む安珍だけど、どうしてもあきらめてくれない清姫に
2.3日待ってください。参詣が終わった後、必ずあなたのもとに伺いますって云ってその場を逃げる安珍。

関わり合いになりたくない安珍は当然参詣後逃亡。

今か今かとやきもきして待っている清姫は通りかかるひとたちに訊きまくる。
こんな感じの僧の方、見かけなかったですか?
ああ、そんなひとなら逆側に歩いて行ったぜ。簡単に教えてしまう通行人達。
怒りまくる清姫。うおー嘘つきやがったな!

そんなこんなで簡単に追いつかれてしまった安珍。
ちょいとそこの僧の方、お待ちくだされお待ちくだされ!
いやいや人違い人違いと逃げる安珍。

てめーまた嘘つきやがったな!確信犯だなおめー!
と怒点突き抜ける清姫。
念じながらあたふた逃げていく安珍。

そして川!舟で渡る安珍、渡し守にあの女渡さないでください。絶対渡さないでくださいと懇願。
この渡し守、勇敢にも女の命令を拒みに拒み、女の怒点こっぱみじん。大蛇となって僧を追撃。
のシーン。

この後寺に逃げ込み鐘の中に入って隠れてたけど、鐘の外から炎に包まれ焼き殺されるというあの大シーンや、その後ある僧に頼み事したりするシーンに続いていく。

この清姫、もうしゃあしゃあしちゃってるけど、指キレイだよね。
安珍の指はもうちょっと違うかんじに画いてある。

大蛇に変身するタイミングってのはその絵巻によっても少しずつ違うみたいだけど
多分この絵巻は川を渡る時なんだろう。

絵巻画いてみるってのも…たのしそうだなぁ。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-08-28 09:58 | театр
<< 谷文晁からの その4 允ちゃん祭り その8 >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング