Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

教育者

そういえば昨日書きたいことあって、でもなに書きたかったのか全然おもいだせなくて
今日おもいだした。

こどものころ、教育者 つまり先生ね。
先生に対してさ、別に尊敬してるとかはなかったけど、
自分とは完全に別の生物だとおもってた。

感情があるともおもってなかった。

こどもにとってのおとなって、完全に別の生物なんだよね。

今、自分が当時の先生の年齢を超えたりして
一体当時の先生たちがどんなにストレスを抱えて毎日過ごしていたんだろうと。
一体どうやってそんな毎日を過ごしていたんだろうと。

先生やおとなは、別にそんなに選ばれしものでもないし、特別な存在なんかじゃない。
でもそれはこどもじゃなくならないと、わからない。理解することはない。

でも親はさ、そういうことほんとはわかってるくせに、また先生を何か違う生物として見る。
そこがよくわからない。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-11-15 20:32 | на днях
<< ぽっくり毒リンゴ ノート書いてくれた方へのお手紙 >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング