Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

カリカチュア


朝から気分が悪い。


ここのところ忙しさに殺されていて、
22時に家帰れれば早い方、みたいな生活。
これがあと一ヶ月もつづくのかー
無理やなー
と思ってたら今日は頗る気分が悪いので、いちじかんくらい遅れようと決意。
どーせ早く行っても早く帰れんしね。

と思ってべらべら新聞よんでたら
更に気分悪くなったので、午後からくらいでいーやということにした。


あたくしコーシュカさんは既に期日前投票すましているので
遊説や選挙報道なんてひまつぶしにもなんないんだけど
今日読んだ記事にはちと思う所がある。
選挙に直接関係するかわかんないんだけど。
選挙前にこういうことブログに書いていいかわかんないんだけど
まぁいいやってことにする。



ひとつめ。
舛添さんの「怠け者」発言について。

「働く能力と機会があるのに怠けている人に、貴重な税金を使うつもりはない」

これについて派遣村からの抗議があって、
弁明した、って記事があったんだけど。
記事はそこまでなんだけど。

その弁明は
「これは(民主党が復活させようとしてる)
 生活保護の母子家庭への加算について言ったんだよ~」
て内容だったらしいんですよ。

それって結局、発言自体の弁明じゃなくて、
対象が違うよ、ってことを言ってるだけですよな。
なんでメディアはそこまで報道しないの?


そもそも生活保護ってほんとに少なくて
そんなんで生活は保護されてんのかって思う。
保護者一人だったら尚更なんじゃないの?
税金払う側からいえば、そこに流れる分には全然異論ないんですが。

そいでこの「母子家庭」って言葉もなんか当然のように政治の場で使われるけど
父子家庭はどうなの?祖父母と孫だけのとこは?
こどもに対しての向き合い方とか考え方に性差はあるかもしれないけど
働く上で女性だから男性だから大変なことや考慮しないといけないことは出てくるかもだけど(生理とかね)
生活してくとか、就労するとか
一般的な話のときにわざわざ「母子」って限定してるのがよくわからない。
それもひとつのジェンダーなのでは?
実態として、女の人の方が就労が困難っていう意味なら
それを是正するのが厚生労働省の役目なのでは?
「怠けもの」なのでは?


で、話はもどるわけですが
じゃあ働かない「母子家庭」(派遣村員でもいいし、新卒でもいいけど)は
ほんとに怠け者なのでしょうか。
いまってそんな働きやすい社会なのかな。
求人は常にあるけど、
仕事を続けて生活できるかっていうと、精神的なもの・金銭的なもの・体力的なもの
すべてが保証されるような仕事って満たされてるのかな。
派遣村のひとたちなんて、勝手に契約打ち切られちゃって働けなくなったんだし。
うまく軌道がまわらないのって、ぜんぶ本人たちが怠けてるからなのかな。
コーシュカさんは「労働」に楽しみをおぼえたことがないのでよくわからない。




ながくなっちゃったけどもひとつ。
自民公明のつくった批判動画について。

みてないんだけど、いまネット動画がアツいらしいね。
そこに選挙ももちこまれてると。
ハトちゃんや民主党を中傷するようなアニメつくってるらしくて。

そもそもCMとかでも、別のとこを批判するような売り込み方法は嫌いです。
風刺画は嫌いじゃないけど、
あれは当事者じゃなくて、第三者が当事者たちを皮肉ってるからね。
主体になってるひとたちがやるのは醜いです。いってしまえば、下品。
民主党支持ってわけでもないけど、これに民主党が応戦しなかったのはまっとうだと思う。


で、そういう動画をつくるのは
「まーしょうがないかもしれませんネー」てぐらいで終われるんだけど
ハラワタ煮えくりかえったのは、ネット動画を選んだ理由として
「CMだと時間が短くて、審査も厳しいから」
「人間がやるよりソフトな印象だから」
なんて言ってるとこ。


審査が厳しいから・・・?
そもそも中学で習う社会科では、日本の立法機関は議会でして、
つまりは国会でして、
その衆議院の与党がこれまでいろいろ法律つくってきて、
ここでいう「審査」が実際いつどこで作られたのかはしらないけど
でも法案だして法の審議して賛成の方はご起立願います、で席立って
これこれこういう法が成立したから今後これ守りなさい って言ってる立場の人間が
「規律が厳しいから~」って言って抜け道さがすのって矛盾じゃないの?そうとも言えないものなの?
なんだかしっくりこないんですが。
しかもだれかを中傷するためにそんな手段とってる。


で、一番怒ってるのは「人間がやるよりソフトな印象だから」発言なんですが
これってアニメーションに対する冒涜だと思う。

現実であれ仮想であれ
舞台であれ映像であれアニメであれ文字であれ
もしくは音であれ臭いであれ味であれ
それぞれにはそれぞれの、無限な力や観念やオーラや
対峙する相手をもしかしたら殺してしまうくらいの破壊力があるんです。
そういう話ができるひとたちじゃないってくらいのことはわかってるし
普段は理解してもらおうとも思わないけど
でもじゃあそのひとたちには表現論の地にたたないでもらいたい。
勝手にアニメの限界を発信することは許されない。


a0123602_8403961.jpg


                                      コーシュカ
[PR]
by pastsarami | 2009-08-26 09:30 | на днях
<< おにっこさんかばん ぞうの国行ったよ その5  フ... >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング