Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

考える ということについて

店によくくるイエス関係のヒトがよく「考える」という言葉を使う。

この言葉を聞く度にドギリとする。
自分にとっては攻撃の言葉だから。
自分がこの言葉を使う時は
自分を正当化する場合、
つまりは、自分の言っていることを相手に納得させ、
相手の意志や考えを操る場合 だから。

だからその必要のあまりないコシカさんと話すときはあまり使わない。
思うとか感じるとかそんなニュアンスでばっかり話してる。つもり。

世の中のヒトはどうなんだらう。
ねぇ コシカさんはどうかね。
コシカさんからもこの単語はあまり聞いたことがない気がする。

考えるというよりも感がえる機会のほうが多いのだろうと推察する。
どうかね。

a0123602_13395682.jpg


собака
 
[PR]
by pastsarami | 2009-10-05 13:40 | на днях
<< おくさまは18歳 その10 Kieslowski フェ・その1 >>


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング