Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

カテゴリ:на днях( 266 )

小麦粉は得意ッス。

昨日は久しぶりにお料理しました。
餃子と胆胆麺。因みに胆胆麺は中国語的にはダンダンミェン的発音ですゼ。

まー餃子はね。
ワタシの得意料理ですから。
でも昨日朝から気力がなくて。
アーヤダヤダってなってて。

手抜きッス。
まー大体ですね、スーパーに買い物に行くのは楽しいです。
で その後甘えびの刺身とか喰らって「あーやっぱうめぇな」ってなって、
強力粉と薄力粉混ぜて水ちょちょって混ぜて、
こねこねしてよ、
生地寝かして、
皮作ってさ。
そんなことしてたらもー疲労困憊。
筋肉ムキムキ。
ぅおー腕いってーいってー。
ってなっちゃうですよ。

そんでもーさてタネ作るかねの頃にはもー多分赤子ッス。
オレ、赤子ッス。
でー味付けテキトーだよね。

その上昨日はダンダンミェンまで作ったわけですよ。
しかも麺もまた打って。
昔ね、小学校の時ね、夏休みの自由研究で日本そば手打ちしたんすよ。
小学生がそば手打ちって渋いけども。
したらこれがねー…
激★マズで。
もーセメントっすよ。
その時ワタシがどれ程までに落ちたか…お判りか?
だから今回麺作るにあたってもー心臓ドッキンドッキン。
大丈夫なのか、ARE YOU OK? てなもんでね…

で…まー作る過程において、遠心力でぐわんぐわん麺伸ばすんですけど!
ぶっちぶっち切れるのね。
おっかしーなー、料理本の先生は「ここでぶっちぶっち切れるけど気にしなくていいです。」
とか書いてないしなー…
って思ってうす笑いを浮かべつつ麺打ったわけですけど…
喰らってみたら結構よかった。
案外いけた。
オレ、やっぱ小麦粉強かった。
でもやっぱな…味付けの気力とかないし…。
まーテキトーでな!

そんな水餃子とダンダンミェンでした。
でもまーまー美味しかったヨ。
こしかさんにはうま味成分がちょっと…ってアドヴァイスをもらいました。
(本人は決してナンクセをつけたわけではないと言い張りました。)
今度はみりんとねぎとにんにくをもっと足そうと思います。
トリガラスープももっと足そうとも思います。
あとニラとかね。
ごまもちゃんとすってね。
豆板醤も入れてね。

a0123602_16112711.jpg

Собака
[PR]
by pastsarami | 2009-08-05 16:12 | на днях

匂い

元来、人間というものは個々の匂いを持っていて
それがフェロモンらしいんですけど…

その人によって好い匂い 好くない匂いがあるのは
自分と1番遠い匂いを求めることによるそうです。
しかもそのなかで自分とピッタリの相性を求める、と。
血が近いと身体能力に害を及ぼしたり、果ては命の存続に関わるわけですからね…

だから年頃の娘さんが父親の匂いを臭い!と言うのは、
もしかしたらかなり正常な状態をあらわしているのではないかと。

それが今日に至っては、
やれ香水だ やれ頭髪剤だ
と言ってその本来持っている匂いがわからなくなり
それによってカップルがすぐ別れたり、離婚したりということがあるそうな。
つまり正常な状態であれば求めない人を求めてしまった結果ですから、
すぐ別れるのは必定ですな。

しかし、反対に、「うわ!くせ!」って思う人(電車とかで)が
自分と近い人だと考えると…それはそれで萎えますね…

あと、平安時代とかもお香とか焚いてたけど、
さすればそのあたりから日本においては
カップルクラッシュが始まっていたということなのでせうか…

ねーこしかさん。

a0123602_12405259.jpg


собака
[PR]
by pastsarami | 2009-06-22 12:42 | на днях

ごめんね


ごめんねСобакаさん。もうしない。
                            コーシュカ

a0123602_22475598.jpg


ちなみにコシカさんの怒点は
[PR]
by pastsarami | 2009-06-12 22:51 | на днях

携帯持ってブラックホール

多分各人によって常識っていうのがあって
これされたら怒点突かれるってゆーポイントがあるかと思いますが

さばか的には携帯電話を触られる ってゆーのがそれで。
いろいろあるんですけど1番やなのですよ これ。
何で嫌かってゆーと

①携帯電話自体が嫌い
②携帯電話に振り回されてる(依存してる)ひとどーかと思う
③そんな携帯電話よりも自分が負けたという状況がどうしても許せない

きほんてきにー
1対1が好きなんですよー
3人以上になったら口をつぐみます。
家族内でも。
1対1だったら相手はこっちを見るし
こっちの声を聞くわけですよ ね
こーゆうとこは独占しいなんです。

でわざわざその状況をつくったのに
なんでお前携帯触ってんだよ ってなるわけです。
そんなら(仁義なき戦い的に言うなら「なんなら~」)一緒に居てくれなくていいし。
携帯電話持ってブラックホールいってこいや!(有田の猪木風に)
とゆーことで普段ならそのひととの交渉を絶てばいいんですが。

今回はそれが吾妹であるこしかさんがしてしまったため、
更にわらしの怒点を突くことになりました。

こしかさんよ。
2度とするな。

まーふつーに考えて失礼千万ですしね。
なんのために喫茶店とかが『携帯電話のご利用はお控えください』って張り紙してるんだ、
ということを考えていただきたい。
それが例えその件について何も感じないであろうインド料理店であってもね…
出るならせめて外で話しなさい。
そして出る際は相手に「スミマセン」って言いなさい。
そいで出た後も相手に「ごめんなさい」って言いなさい。

こしかさんよ。もう一度言うぞ。
もう2度とするな。
さばかさんはドタキャンされるよりムカつくんだから。


a0123602_12554217.jpg


собака
[PR]
by pastsarami | 2009-06-12 12:56 | на днях

小林タクシー

こないだ小林タクシーに乗った。

小林タクシーは100パー個人タクシーです。

まず、明らかに通常のタクシーと形状が違う。
多分20メートル先からでも「あいつちげーな」ってわかる。
色も真っ白。
乗用車に個人って書いてあるあのタクシーの上のボッチがのっかってる。

ドアが開くと椅子がきれーでふかふかそうなの。
その上にさらにふかふかそうなカバーがかけてある。
座って見るとやっぱりふくふかで「うぁっ」て言っちゃう。

車内の音楽もなんかちょっとオサレ。
小林チョイスか。

よくよく見ると外ボディが白なのに中はえんじ色。
椅子は上品な深いチョコレート色。
100パーめ組のひともしくはその筋のひとだ。

よく見ると運転席のほうにカードがあって
TAXI KOBAYASHI って書いてある。

小林は喋らない。
寡黙だ。
まーおとこは寡黙のほうがいいからね。

小林はふつーのタクシーよりちょっと割増。
ありがとうございますもそんなに言わない。
イメージとしては低い声で「どぅも」位。
ちょっとドキドキしたけど大満足だった。

あと小林色白。


a0123602_1356340.jpg

                         
собака
[PR]
by pastsarami | 2009-06-08 14:03 | на днях

お引越し完了ですヨ☆

くまさんが Юрий のくまさんみたいですきだ。





собака
[PR]
by pastsarami | 2009-06-08 10:08 | на днях


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング