Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

花様少年少女 その4追加2

スゲー久しぶりだ…

a0123602_16154636.jpg


もっとだぜ
[PR]
by pastsarami | 2009-10-15 16:20 | драма

おくさまは18歳 その10

『第10話 あなたなんかキライ』

大映テレビ室、TBS
プロデューサー 春日千春
脚本 才賀明
撮影 山本修佑
監督 枝川弘
原作 本村三四子


a0123602_13453785.jpg


もっとだぜ
[PR]
by pastsarami | 2009-10-15 14:41 | драма

考える ということについて

店によくくるイエス関係のヒトがよく「考える」という言葉を使う。

この言葉を聞く度にドギリとする。
自分にとっては攻撃の言葉だから。
自分がこの言葉を使う時は
自分を正当化する場合、
つまりは、自分の言っていることを相手に納得させ、
相手の意志や考えを操る場合 だから。

だからその必要のあまりないコシカさんと話すときはあまり使わない。
思うとか感じるとかそんなニュアンスでばっかり話してる。つもり。

世の中のヒトはどうなんだらう。
ねぇ コシカさんはどうかね。
コシカさんからもこの単語はあまり聞いたことがない気がする。

考えるというよりも感がえる機会のほうが多いのだろうと推察する。
どうかね。

a0123602_13395682.jpg


собака
 
[PR]
by pastsarami | 2009-10-05 13:40 | на днях

Kieslowski フェ・その1

『Podwojne zycie Weroniki』(ふたりのベロニカ)

キシェロフスキについてはコシカさんのが詳しいです。
コシカさんのが哲学的だし、評論にも向いてる。
さばかさんは所詮自分の世界にしか存在していないので評論には向かないのです。

日本映画ばっかり観てて、なんか消化不良おこしてるので
すんごい海外の映画観たかったの。

すごいよかったなーコレ。
キシェロフスキだしね。
悪いわけない。

女優さんキレーでね。
イレーヌ・ジャコブさん。
素晴らしい女優さんです。

が…
人形使いが出てきた時点でさばかの頭は木端微塵でした。
なんだろ、あれ…
もうほんとに生きてるとしか思えなかった。人形が。
釘付けってこのことですか…
あの役者さん、フィリップ・ヴォルテールさんが人形使いにしか見えないんですケードー!
ほんとカッコイイ!このヒト!フィリップ!フィーリーッツプッッッ!
作られる人形もベロニカそっくりでほんと怖い。
全身の毛が総立ちした。

基本的に女のヒトが主役の映画ってのがあんまりスキじゃない方で。
女のヒトが主役の場合、変に甘かったり、現実的だったり、前向きだったり、
なんか気に入らない。
その点男のヒトが主役だと現実的でないことが多い。
そしてそれが得てしてロマンティシズムに繋がるわけですが…
キシェロフスキの作品は不思議なことに、女のヒトが主役でもロマンティシズムが出てきちゃう。
さらにそのロマンティシズムにとって邪魔なものが全然ない。
どっから見つけてきたのって不思議になるくらい完璧な、もしかしたらそれ以上のものが
出てきちゃう。それが今回 この人形使いと人形。

ヨーロッパとかの映画ってこういうものすごい素材がちょくちょく出てくるネ。
サロメのあの死神とかな!
あと変身のあのくもとかな!

ところでさばかがあれだけぞっこんになったフィリップに関して
「あんまりハンサムとは思えない」って書いてたヒトがいたが…
ほんと人間ってこうまで主観が違うものなのですな…
こちとらなんて、ヒト目見て惚れたのに。

a0123602_1328487.jpg


собака
[PR]
by pastsarami | 2009-10-05 13:30 | театр

『燃えつきた地図』

『燃えつきた地図』
監督 勅使河原宏
原作・脚本 安部公房
撮影 上原明
音楽 武満徹

武満さん祭りしたかった…涙
あーあ
らぴたは基本的に
自分の好きな作品をテーマを変えて
ぐるぐる特集してるだけだから また観れるんだけど、
それでも「今、この企画で観たかったよ!」って思わせる企画力があるわけで、
ほんとに悔やまれます。
時と空間は大事ですから。
結局これイッポンしか観れんかった。
何故だ。金がなかったのか。

この作品 賛否両論あるようですが…すっげーよかた!
スキだ。クスクス。
でも映画そのものってゆーより
やっぱ安部公房すごいって感。
しかも原作も安部だったんだな…

役者がね…もう贅沢すぎて消化不良みたいな処はまーあります
大体勝新、体大きすぎて車狭すぎるよ?
どっちかってゆーと若山の富さんのがスキなんですが、
やっぱ勝新はかっこよかた…何度でも惚れちゃうよネ。

そしてそんな勝新を凌駕する市原悦子。
家政婦しか観てないひとには是非いちど観ていただきたい、悦子さんのお芝居。
悦子さんは完全なる舞台のヒトです。
それはどんな映像においてもそうなんだろうと思われ。
勝新と台詞交わしてても、悦子さんが出てくると一気に悦子さんの1人芝居みたくなっちゃう。
それはどんなに小道具あろうが舞台装置あろうが関係がなくなっちゃう。
あれだけの女優さんはなかなかいませんね。特に今御存命でってなると。

ただ勝新との関係ってのがなんかちょっと釈然としなかった。
この映画だと。なんか急だった。
映画よりドラマのが向いてたかもね、この作品。

あと渥美清さんが…この役かぁーってのはあった。
なんか…え?渥美さんなんだ?みたいな…
いや、原作読んだことないけど。
ただ、だから逆に意味がついた部分もあるだろうけど。
渥美さんが担ったことで。

あとは…玉緒さんですか…。
キレーですな。やっぱ。
スタイリッシュ!
なんか玉緒さんと勝新がそこに並ぶだけでやけにドギドギする。
映画とは全然関係ないんだけど
どんなに浮気しても勝新が玉緒さんを手放すことは
なかったんだろうなともたげながら画を観てた。
それだけの遠心力、求心力、引力的なものがありますな。あのふたりは。

あたしは楽しめた。楽しかった。この映画。
でもやっぱり安部公房はすごい に尽きるのかもしれない。
これだけの役者・スタッフが束になってかかっても
阿部公房の力に勝てない感 はあるな。
キャメラもよかったんだよ?
特集組まれてる武満さんの音楽もそらーよかったし。
でも完全に呑まれてる。そんな感。

a0123602_12515930.jpg


собака
[PR]
by pastsarami | 2009-10-05 12:54 | театр

わらわらヤギさんたちの場合

ヤギさんふれあいランドでは
少し離れているからか人があまりこないらしく
ヤギさんたちははらを空かせている。
しかしその様子は普段はあまり見せない。
寄り添いながら、時には互いの体を枕にしながら寝ている。
無駄なエネルギは使わないようだ。
でもちょっとするとものすごい勢いで迫ってくる。
ふれあいなんてできるわけない。
あれは死闘さながらですよ…
a0123602_1202497.jpg

みんなごはん待ってる…これお行儀いいですネ、かなり。
あれみたい。おおかみと7匹の仔ヤギラストみたい。
おおかみ井戸に落としてみんなでくるくる回って「おおかみしんだ!」って喜びあったその夜、
みんなで並んでベッドでくーくーしてるシーン。
あの話怖いよね。
思えばあの話は誇張ではなく ヤギさんたちの凄まじさを物語っていたんだな。
そして思わず石川さんの「ヤギ 殺したな」を思い出すな。
こんなに獰猛なヤギさんを殺す人間、ネ。
そう考えると 人間とヤギさんは案外近いのか。
a0123602_1204584.jpg

ヤギさんの耳ってこんなんなんだネ。彫刻しようかな。
a0123602_121596.jpg

首が長い!長すぎる!恐い!こわいよー!!!
a0123602_1212556.jpg

やっぱり長すぎる!体に対して首長すぎる!そしてごつすぎる!

しかし…でっぷりヤギさんいなかったね…
やせたのか…あんなでっぷりしてたのに…
冬にまたでっぷりしてるかなー

因みに、あげたのはバナナです。
ヤギさんバナナ好きだよ。

собака
[PR]
by pastsarami | 2009-10-05 12:16 | слон

ぞうの国行ったよ 仔ヤギさんたちの場合

仔ヤギさんたちは産まれたばっかなのか、
それともなにかあるのかよくわからないが
わらわらヤギさんたちとは違う場所に隔離されている。
人間も近寄れない場所にいる。
でもちょっとアレみたいネ。
3匹のヤギのがらがらどんみたいネ。

a0123602_11473724.jpg

そんなに狭い場所で危なくないですかー
a0123602_114879.jpg

ちょびっと体ななめになってませんかー
a0123602_11482658.jpg

頭だれかになぜられてるんですかー
この灰色ヤギさんすっげースキだ。ゴーシュって感。
ムサカワー!!!あのぐるんとした角とかいいよね…
a0123602_11484947.jpg

キミもなぜられてるんですかー
この仔もカワー!!!お髭もいい!
a0123602_11491053.jpg

あの首から背中にかけてのラインもたまらないよね
a0123602_1149252.jpg

再び狭いとこにいる仔。やっぱりがらがらどんみたい。
下にトロルいますか。

собака
[PR]
by pastsarami | 2009-10-05 11:59 | слон


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング