Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

慶様まつり その1

『無理心中 日本の夏』
監督・脚本 大島渚
脚本 田村猛 佐々木守
撮影 吉岡康弘
美術 戸田重昌
音楽 林光

渚好きですから。ええ。

慶様は結構作品によって体重移動が激しく、
びっくりしますが、
少なくともこんくらいがいいかな。

まず桜井啓子さん?の髪型がモダンすぎてべっくらこいた。
すごいな…感嘆ものですよ…
非常に肉感のある方で。でもセクシュアルな感じがない不思議な方ですネ。
ふしぎー。

慶様は死にたがる男の役で、
どっちかってゆーと殺していく(でも自分の手は汚さない)役のイメージがあるので
すごく新鮮というかさらにコワイというか…
そして半ズボンがすっげコワイ。
がったんぶるぶんレベルでコワイ。
でもこの死にたがってとにかく死にたがって
女の誘いをほぼ無視していく慶様は色っぽかった。
新藤監督作品で見せるいやらしい感じとは違って、
色気ってのがすごかった。
あと、あの、よく覚えてないんだけど、
ベトナム僧侶かなんかが円描いてるシーンの慶様すっげコワかった。
おそろしい、ネ。

田村正和は若かった。
若くて一瞬見過ごすところだった。
若い時はこーゆー役のが多いのかな。
熱い感じ。がむしゃらな感じ。
これはこれで結構合ってるかもね。




…さて、今回の映画で、もっとも衝撃的なヒトは、実は慶様ではありませんでした。
…戸浦さんです。
あからさまにインテリな戸浦さんです…。
ひとりだけ明らかに戦う意志のなさそうな戸浦さんですヨ…。
ヒトに殺らせそうな戸浦さんですヨ…。
でもむっちゃ戦ってたな…。
最後まで戦ってたな…。
組の上層部のヒトかと思ってましたヨ…。
あの髪型…何だ…。
あの服装は…。
この時から、この戸浦さんを見たこの瞬間から、
あんまり好きじゃなかった役者さんから、じわじわと気になる役者さんになっていた戸浦さんが、
好きな役者第3位くらいになりました。
因みに1位は無論慶様です。

果て、小松さんも目立ってたなあ。
小松さんは何しててもスキです。
いい声だなー。
結構目ちっさい男の人もスキです。

殿山さんも勿論出てますね…
まー殿山さんは殿山さんです。
裏切らないですから。いかなる時も。
何の役演じてもこれだからすげーよね。
すごいってゆうよりすげー。

渚の映画は何観ても好きです。
今回の特集でもあと2つあります。
渚といったら、慶様だからね。
渚作品の美術はやっぱりステキです。
まぁ…、戸浦さんの髪型もしかり、な…。

渚のbox 欲しいー。

a0123602_1633589.jpg


собака
[PR]
by pastsarami | 2009-12-11 16:35 | театр

慶様まつり その1の前に…

えー皆様。
ワタシは本当にウレシイ限りなんでございますヨ。
今まで前のブログからずっと「慶様、慶様」言い続けた甲斐があったな、と。
心から。ほんとに心から。

ということで、らぴた様様でげすヨ。
日ごろの感謝と他の映画館にむけて「お前らももっと頑張れよ?」と言う意味を込めて、
さばかが勝手に選ぶ、映画館ベスト5を開催します。

a0123602_15524456.jpg


собака

もっとだぜ
[PR]
by pastsarami | 2009-12-11 16:00 | театр


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング