Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ウラ洋品店


洋品店ではないのだけれど、
サバーカ姐さんがコーシュカさんにワンピースをつくってくれました。

a0123602_10342398.jpg

わりと本格仕様。
すごいよ?



a0123602_1035041.jpg

逆行を承知の上で寄ってみる。
布の切り替えがニクいね。



a0123602_1036627.jpg

ボタンとその配置選ばせてもらえたの。
三つ目は横横縦の黄金比ね。



a0123602_1037915.jpg

裏側もボタンいっぱい。
でもボタンしかない。
その下は全然縫いとめられていない。
乗馬用ってサバーカ姐さんはいうけど
こんな足長くないよ。逆に乗馬しづらいよ。



a0123602_10415386.jpg

裏も寄ってみる。



a0123602_10433198.jpg

ひとつだけでべそボタンがあるのわかるかな?


ちょっと重いけど、ちゃんと着るよ。洗濯女にもなるよ。
ありがとうサバーカ姐さん。

                              コーシュカ
[PR]
by pastsarami | 2010-06-17 10:44 | выставка

洋品店やってます


えー、ニヒル牛にTシャツを置きつつ、
ニヒル牛2で洋品店にも作品だしてます。
まだいっこだけね。

a0123602_10181833.jpg


音楽家(J.S.バッハ)のネクタイ。棒タイ?

ネクタイづくりは前からやってみたかったんだけど、わりと楽しいね。
鞄に比べてすぐできるしね。
さいしょは市販のネクタイに刺繍することを考えてたんだけど
ネクタイが高い、ネクタイがダサい、ネクタイに刺繍すると裏側がこの上なく汚くなる、
という三拍子から、サバーカ姐さんのアドバイスどおりネクタイからつくりました。

もう買い手がついたとのこと。ありがたやー!欲しがってたサバーカ姐さん、残念だねー。
でも洋品店おわるまではニヒル牛2にいるみたい。
ネクタイは近日中にもうひとつ持っていく予定です。


しかし洋品店、すごいよー。
あんな本格派の中にまじって、恥ずかしいよー
あんまり恥ずかしくて、カメラ持って行ったのに写真撮り直せなかったよー
(※上のは携帯から撮影したので、撮り直したかった。)

ガール7で一緒だったmamecoちゃんと黒崎さんのコラボワンピースなどあります。
すごい作品だよー。


棒タイは、ニヒル牛の正規ブログではなく、
「ちょと王道からは外れた作品」としてニヒル牛マガジン内の
「店番あるの紹介日誌ディープ」側で紹介されます。
「ちょと王道からは外れた作品」、か・・・。


                                              コーシュカ
[PR]
by pastsarami | 2010-06-17 10:29 | выставка

Tシャツ展その後


結局追加納品できないままニヒル牛2でのTシャツ展が終わり、
個人的にはカナリ☆楽しみであったtamaxさんの「うご☆メキ展」が始まったので
作品ひきとりがてらサバーカ姐さんと2へ行ったら、
Tシャツ2枚とも売れたとのこと。
買ってくれた人、ありがたやー!

(「うご☆メキ展」については熱い思いがあったのでまた別で書きますね。
 今日は自分のことばっかべらべらべらべら一方的に話す
 厚姫モードでまいります。)

で、あるさんから、
「男性でもTシャツを気に入ってくれた方がいたけど
 サイズが無いので諦めてしまった」、という話をきいたので
当初やりたかったメンズ・ウィメンズ・キッズをすべて揃えるというのに
がぜんやる気が出た、というか
調子にのった我々は、Tシャツの売上代金ぜんぶつぎこんで無印良○に行き
メンズ・ウィメンズ・キッズのTシャツを買い求めたのでした。

(しかしあれだね、メンズTシャツ、最終的には見つかったのだけれど
 結構探すのに苦労したよね。
 あれかね、メンズは、Tシャツ=肌着なのかね。
 そして首周りは小さめなのかね。
 あの小さい首穴にどうしても魅力を感じられないサバーカ イ コーシュカなのでした。)


まずはメンズ。
サバーカ姐さんによる牛さん。

a0123602_9514399.jpg


これは原画。
Tシャツは写真を撮る前にさっさと売れてしまいました。
買ってくれたのはあるさんなんだけど
ほんと云えばこれコーシュカさんが欲しかったんだ。
だから売れちゃって残念。
売れるとしても、メンズを求めてくれた人が買ってくれたらと思ったのに
あるさんが買っちゃったんだ。しょぼん。
でもこれ、石川さん用らしーですよ。
今度パスカルズのライブで着てくれるらしーですよ。・・・すげーな。
今度って月末のスタパかなぁ・・・
だとしたらぜひとも石川さんのおなかで踊る牛さんを観たいですヨ。


次にウィメンズその1。
コーシュカさんの、孔雀さんTシャツ。

a0123602_955279.jpg


コレも写真撮る前に売れちゃった。
買ってくれた人、ありがとう!そしてすみません!!
これ、注意書きするのわすれたけど手洗いで!手洗いで頼みます!
いやアクリルだから多分大丈夫なんですが、念のため手洗いで!裏返して手洗いで!!

これは別に孔雀さんじゃなかったんだけど、
サバーカ姐さんがそう名前つけちゃった。
孔雀さんの絵の近くに描いただけなんだけどね。
原画は自分でもわりと気に入ってます。


あともうひとつコーシュカさんで、キッズTシャツ。

a0123602_9581253.jpg


「両面テープ」。
こいつはまだニヒル牛にいると思われ。
写真は今度撮りに行こうかな。
130cmなので子供あるいは小さい大人用。ムトゥとかね。

原画は、サバーカ姐さんがまだ手芸その他いろいろ雑貨屋さんで働いていた頃
両面テープのポップを描いてくれと頼まれて作ったもの。
63円~となっているけど、Tシャツはもっと高いっす。あくまで「デザン(©おかやん)」ね。


さいごに・・・
ウィメンズその2。サバーカ姐さんによる「肉喰らうミスター」のTシャツ。

こいつはなんと・・・・・・

a0123602_10135446.jpg


a0123602_1014629.jpg



ニヒル牛のウィンドウにどどーんと!
肖像権の問題等で、この扱いにはサバーカ姐は震えあがっておりますが
コーシュカさんとしては
「ぎゃははは」
「マジ☆ウケるー」
という感想です。
もし売れ残ったらこれをコーシュカさんが着よう。

さて・・・
ニヒル牛2および、ニヒル牛のTシャツ展は終わったけど、
「8月くらいまでならTシャツは置いといてもいいから」という
あるさんの企画者にあるまじきフリーダム発言に便乗して、
ニヒル牛でまだTシャツおいてます。
ニヒル牛では6月末まで、過去最高の展示かとも思われる
「くす美からの手紙」展示やってるんですが
何故かその中でTシャツ置いてありますんでよかったら。
(我々のTシャツは両面テープとミスターだけだけどね。)



                                       コーシュカ
[PR]
by pastsarami | 2010-06-17 10:15 | выставка

慶様まつり その15

『帰ってきたヨッパライ』
監督 大島渚
脚本 大島渚 田村孟 佐々木守 足立正生
撮影 吉岡康弘
美術 戸田重昌
音楽 林光

渚作品はだいすきなので勿論おもしろかったぜ。

このころのグループ歌手?さんたちってのはもう強烈で。
今の歌手にはないな。
絵的にすごい強烈な印象をもたらす。
演技ができなくてもね。
うたもずっと流れてたけど、すんばらしいなーやっぱ。
どこか小説とか絵として、あとはやっぱり映画としてイメージされるような世界観があってね。
さばかはそーゆうものに弱いです。
だからスケートとかも自分にそういったものをイメージさせてくれる選手がすきだし。

学生の時、野村先生が美術館に行って絵を観てどんな音楽が流れるか試しなさいって言ってた。
それと反対のことがこのザ・フォーク・クルセダーズさんのうたには有るわけだ。

役者さんもすきなひといっぱい出てたー。

まず殿山さんが…!何の説明もなく性別を超えて登場できてしまう殿山さんに脱帽。
このひとも印象がすごすぎるぜ…。

次に小松さん。な…何故かりピート途中で 小松さんは途中でいなくなった。
確か…殿山さんに変わった…?

摩子もまー可愛くて!いつも可愛い!可愛すぎる!
可愛いという言葉は摩子の為に作られたのではないかとさえ。

そして文雄。文雄は文雄だった。
しかしお人形みたいな顔なのにどちらかというと抽象的な役より普通の役(勿論悪い感じの)
のほうが印象を残す気がするのはなぜだろうか…。
でもステキングでした☆

さらに戸浦さん。渚作品で戸浦さんと慶様が出てるとうれしくなる。
なんかもやっとした記憶しかないんだけど濃厚だった気がする。

最後に慶様。慶様けっこー目立ってたな…。
慶様が学生に扮するその展開があまりに恐ろしすぎて衝撃!
渚には性別や年齢などな何も障害にはならないということを再確認。
慶様マスターの渚らしい配役。すばらしいね!
射殺なんかお手のものだろうしね!

渚はやっぱりすきです。

a0123602_1494067.jpg

Собака
[PR]
by pastsarami | 2010-06-16 14:10 | театр

慶様まつり その14

『祇園の暗殺者』
監督 打出好吉
脚本 笠原和夫
撮影 杉田正二
美術 塚本隆治
音楽 木下忠司

今回の慶様まつりで初見のなかだと
これがダントツでおもしろかったし 名作だった気がする。
まー慶様がよかったかどうかはさておくとして。

そんなに期待してなかったんだけども…まーよかった!

どうも幕末ものって興味もてないことが多くて。
だからこれもそんなにボルテージ上がらないまま観に行ったんだけど
ほんとよかった。興奮した。
確かこしかさんと「すげーよかった!」って言い合った気がする。家で。
一緒には観に行かなかったと思うけど。

まーとにかく脚本と撮影がすんばらしかったです。
この監督さんの他のものも観たいーーー。


a0123602_13352076.jpg


Собака
[PR]
by pastsarami | 2010-06-16 13:36 | театр


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング