Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

<   2013年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

車内の小劇場

遅くまで仕事をしてついに帰宅の路へ。いやー、今日もつかれきった。

む。いつもの電車はもう終電がなくなっている。
しょうがないから路線を変える。。。
改札を通るとひとの山である。勘弁してくれないか。
仕方なくなるべく歩いて少しでもすいていそうなところへ移動。

ぎゅーぎゅーと押し込まれる。うおー。
せっかく買ったパウンドケーキがー。
箱に入れてあって本当によかった。しかし箱は圧力によりかなりの損傷を被る羽目に…。

やっとのことで降り、違う電車に乗り換え。ふーさっきよりは空いているようだ、と安心したのもつかの間。
あからさまに頭の悪そうな、実に軽い声が聞こえる。どうやら電話で話しているようだ。
「いや、全然ダイジョーブッスヨー。や、モーガンバッテマスッテー。」というような感じを25回くらいはループさせていたようにおもう。(…つかれてるんだよ…いい加減にしてくれないか、そこのボンクラよ…)と心の中でためいきつかせて状態。

そこへいきなりの怒鳴り声。しかもおんなのヒステリックな怒鳴り声である。
「あんたいい加減に電話切りなさいよ!うるさいのよ!」
言っていることは間違っていないのだが、正直、おまえのほうがうるさい。
(マジカヨ…つかれてるんだから、どっかよそでやってよ…)
こんなひととは絶対に一緒に働きたくないランキング、今1位。
しかもどこか不自然な声質で、耳に残る。
でも、それだけならまだよかった。
そこで終わるなら。

となりで新たな声が加わる。
「まー  え え や ん かー。」(かなりゆっくりめ)
…やべー、なんか小劇場が始まった…。

最初の男も頭悪い声だし、次の女も相当ヒステリックで、さらにはこの人の声もやけにゆっくりで
とぼけた声をしていて、どこか全員が不自然な印象を受けた。
へたくそなひとたちが台本を読み合わせているかのようである。

それから、当の電話の主は一切存在が立ち消え、このふたりのバトルが始まることとなる。
男の人は、みんな迷惑かけあって生きてるんだから、少々のことは大目に見ろと言う。
対して、ヒス女はそれはわかるけど、だからこそほかのひとに迷惑かけないように努めるべき。
わたしはいま誰にも迷惑かけてない。迷惑かけてますか?と鼻息荒めに主張。

はっきり言って、大迷惑である。
いま一番いいのは、おまえらが全員電車を降りることである。

でもここで終わるならまだよかった。

5分だったか10分だったか、とりあえず沈黙が続きこれで終わったのかと思った。
でもまだ終わらなかったようである。
「あんたの声も結構でかかったように思うんやけど、そう感じてるのは俺だけなんかなー?」
「さぁ、わかりませんけど、ワタシは別に思いません。それは人の感じ方によるのでは?」
みたいな流れに。

あんまりふたりで話してるから、実はこいつらカップルか?と疑惑さえ向けてしまった。
しかし、どうやら違ったようである。
にーさん、頭のおかしい女のことはもうほっとこうや。と何度、腕をひっぱって伝えようかとおもったけど
女もあまりに近いので、やめておいた。

確かに車内で電話を、しかもあの状況でくだらない電話をずっとしてるあいつが悪いんだけどさ、
もっと伝えようはあるだろ。どー考えても。
だって知らないひとじゃん?
どんなに正論だったとしてもよ、あんなにヒステリックに叱るひとはすきじゃないね。
で、そこに水を差したにいさんはえらいんだけどさ。
迷惑かけあって生きてるっていうのは、今回についてはちょっと違くないか…?
や、他人なんて迷惑だよ?ほんとに存在自体が迷惑なんだけどさ、
今回は迷惑がどーのこーのっていうかさ、モラルとか常識の問題じゃん?
人間としてのレベルの問題っていうかさ。

はっきり言って、迷惑はさ、この女が怒鳴った時点で初めて存在し始めたとおもうよ。
そしてそのあとも会話が続いたことにより、この女のヒステリックな声や、自分がいかにまっとうな人間で
ひと様には決して迷惑なんぞかけていない、このわたしが今この瞬間にかけられている被害者なんだという
聞きたくもない主張をくどくどと聞かされているこの現状のほうがずっと迷惑なのよ。

そして、この放射能が溜りに溜まった車内で、お前(女)が触っている、携帯電話の何十倍っていうスマートフォンから出る電波は確実にひとびとの体に対し有害であり、それも迷惑なのよ。

最後にすくいだったのは、当の電話の主が電車を降りる際
ふたりに謝ったことだね。
そのとき初めて顔を見たんだけどさ、なんか純朴そうな青年でさ。
まー頭は悪そうなんだけどね。とりあえず、終電間際であんまり頭の悪い電話すんなよ!


Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-03-31 20:47 | на днях

『IO SONO L'AMORE』

監督:ルカ・グァダニーノ
脚本:ルカ・グァダニーノ、 バルバラ・アルベルティ
   イヴァン・コトロネーオ、 ウォルター・ファサーノ

邦題は『ミラノ、愛に生きる』
日本においては、よくこういうつけ方するね。
これもさばかは原題のままがいい気がする。
直訳すると、「わたしは愛の中にいる」。

さて、きっと面白くないんじゃないかと予想していったんだけど、まーつまらないこと。
つまらなくってからだの痛みを感じながらの観覧となった。

まず最初に。
もうひとつのほうも翻訳にいらついたけど、これはさらに上をいった。
はっきり言ってさ、もともとの脚本もよくないんだよ。
よくないんだけどさ、それを更に悪くしてるとしか思えない。
勝手に意訳しすぎ。完全に本来の表現をぶちこわしていた。
一体、どういう経緯でこのにんげんに翻訳を頼んだのか。
全く理解できない。
一番いらついたのが、最後の方にすべてを知った息子がロシア人の母親に対して言った
”Спасибо.”
ロシア語でも一番有名かと思われる「ありがとう」を意味する言葉。
この言葉はどう考えても、そのまま訳すべきだったとおもう。
一番直接的な感謝の言葉を使うことで、彼は怒りを母親にぶつけたんだから。
その前にこのふたりは会話なんて交してなかった。
目や空気では会話してたけどさ。
それなのに、この翻訳家はそこにわざわざほかのことばをのせた。
もっと直接的なことばを。

この作品は説明をあまり置かない作品ではあった。
更には表現さえも少なかったからさばかとしてはいい作品だとおもえなかった。
あろうことか、その作品に翻訳家が勝手に、しかも最悪な説明でもって台詞を挿げ替えた。

どうしてことばとともに時間をすごしているひとが、そんなことにも気付けないのか
さばかにはちっともわからない。
怒りがおさまらない。
お願いだから、即、今の仕事から出て行ってほしい。
あなたにはことばのそばにいる資格はない。

本編について。
まったく何が伝えたいのかわからない脚本。
見ててもうんざりした。
ひさしぶりに早く終わってくれと懇願した。

まず役者がぱっとしない。
全員が脇役にしか見えない。
きれいなんだけど、ただそれだけ。
唯一息子がちょっとあったかな。あの長男くらいじゃない。
それかあの祖父母かな。

物語の筋として、男側からするとさ、友達の母親と不倫するわけですよ。
それだったら、それなりになんかがっとしたものがあるじゃない。
それが、一体いつ彼女に魅かれたのか、いつからおんなとして見てたのか
そういうものがあんまりなくてさ。勿論役者としての能力不足なんだけど
監督もひどいな。

母親もそうじゃない。あなた、主役じゃない。
なのにちょっと急なんだよね。魅かれるのが。
まー食欲→性欲って移行してくから、ちょっと変なんだけどさ。
なんか、気が付くとふたりが惹かれあってて、ちょっと感情移入ができなかった。
あんなに違和感を感じる恋愛映画も珍しいよ。

どうもシーンをはしょってるの?ってくらいイチイチ意味不明なことが多く
さばかは全く評価できない。

あの不倫相手のシェフが野菜を取りに行った→いきなりの接吻につながるところとか。

あの、どう見てもお前イスラム系だろっていうオサマ・ビン・ラディン風の男が自分のことを
インド系アメリカ人ですと自己紹介してるとことか。

物語にどう絡むのか全く理解できない、娘のレズビアン問題とか。

すべてを察知した長男の怒りのポイントが友人と母親の関係ではなく、
自分が好きなスープのレシピを母親が第三者に教えてしまったことであるところとか。

長男を死なせてしまったのは、完全に自分たちのせいなのにそれを全く感じていないのか
慰めてくれる旦那に違う男への好意を告白し、不倫相手のところに去っていく母親とか。

さっき書いたけど、説明もなく、更には表現もないよくわからない作品。
一体、何を伝えたいのか。

一番伝わってくるのは、会社=家そのものである一族のなかに生まれた長男が
崩壊していく会社を守ることができず、苦悩していくその姿ぐらいでさ。

孤独感の中でやっと見つけた自分の居場所、光、みたいなものが全くひろがっていかない、
全く説得力のない作品。
間違いなく、今年見る映画のなかで最悪の映画。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-03-24 21:46 | театр

『TYRANNOSAUR』

監督・脚本:パディ・コンシダイン
音楽:クリス・ボールドウィン、 ダン・ベイカー

久しぶりに日本以外のもの、できればヨーロッパ系のものが見たくなって
2本見てきた。ギンレイに。

久しぶりに洋画を見たせいか、このふたつともに共通した印象。
ひとつめが、翻訳が悪いこと。
もうひとつが、音楽が印象的なこと。

まずひとつめについて書く。
邦題は『思秋期』。
別にこの邦題は嫌いじゃないけど、見た後この原題を見たら
原題のままのほうがいいんじゃないかなとおもった。

いろいろ賞を取った作品みたいで。
もうひとつに比べれば、格段によかった。
でも正直、そんなに賞を取る作品なのかとびっくりした印象。
まー好みによるところもあるとおもう。
ただ、この監督さんは役者でこの作品が初の長編作品というのにはびっくりした。
それを考えると、かなり才能がある方なのかなぁ、と。

主演のピーター・ミュランはかっこよくって、「なんで外国にはこんなにかっこいい役者が出てくるのに、
日本は皆無になっちゃったんだろう」と画面を見ながらためいきをついた。
役と寸分の違和感もなくみせてくれる。

相手のオリヴィア・コールマンも可愛らしくって。

旦那役のエディ・マーサン?もよかった。
あの死んでるシーンで目のところをハエが這って、
それでもピクリともしなくて。あれは人形だったの?
それくらい圧巻だった。

他の役者さんもみんなすばらしかった。

では何が、サバカに合わなかったのかというと、やけにファックファック言っていて、
ちょっと汚かったのね。
攻撃的な映画だったから。
傷だらけになって、そこから身を守るためにどんどん攻撃をしていく。
そういうひとたちの映画だったから。
でも更に悪いのは、その世界を翻訳家が理解しなかったこと。
そこはきっと削除してはいけない世界だった。
なのに、この翻訳家はさ、勝手に削除した。
あれだけファックファックうるさいその言葉を、音を、ほとんど無視してしまった。

確かに汚いし、さばかもすきじゃなかったよ。
でも、それはこの作品には必要だったし、勝手に削除していいものじゃない。
不必要な言葉なんか入れるはずない。
それをこの翻訳家はちっとも理解してない。

有り得ない。
しかもそんなに台詞の多い作品じゃなかったから猶更。
はっきり言うよ。あんたが翻訳したものなんてもう見たくない。
あまりにも独りよがりな、馬鹿にした仕事の仕方。

作品自体に話を戻す。
音楽がすばらしかった。
特にあの、友人のお葬式で、みんながうたをうたったり、ダンスをするシーン。
あの音楽にさばかは不覚にもぐっときてしまった。
亡くなった友人の顔が、チャールズ(元ダイアナ妃の元旦那ね。)に似てるななんて思いつつも
ぐっときてしまった。
このあたりは、さすがイギリス人だなと感服した。

あとちょっと印象的だったのが、みんなが傷だらけで、もー出てくるひとの90パーセントくらいが
「病院行きなよ」ってかんじだったの。
暴力的だし、セクシュアルな場面にも絶対暴力があって。
なのにそのシーン自体にはそこまで激しい描写っていうのがなくて。
少なくともさばかが今まで見てきた作品と比べると格段にそういうシーンを避けてた。
そういうものがなくても、ここまで伝えることができるんだとはっとした。

それだけのことのはを、この監督さんは有してた。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-03-24 21:09 | театр

脱獄大作戦 その6

『強盗放火殺人囚』
監督:山下耕作
脚本:高田宏治

これは監督が変わるんだ。
だから、そんなに期待しなかったんだけど、よく考えれば山下さんだから
悪いわけないよね。

今回は富さんがすごくステキでさ。
まー富さんはいつもステキだもん。
すごいんだよ。
でもね、ふつーなら全部富さんにもってかれるよ。
それを松方だったから、全部は渡さなかったね。

後半は特にちょっとシリアスでさ。
前半はそーでもないんだけど。

大体、前田吟が意味不明に外国人。
謎である。
もっと謎なのは、ちょっと善良な蓮司。
善良な蓮司がどれだけ謎か、わかっていますか???

菅貫太郎さんを久しぶりに見たんだけど、これも意味不明にヒットラー。
囚人たちにもそう呼ばれている。
この貫太郎アンドますみちゃん夫婦が異様である。
逃亡を企てる松方が箪笥に忍び込むものの、貫太郎さんの家に運ばれちゃって
大変だったね。
これはあーみんの漫画を見ている気分になった。
ひーってなもんである。

富さん、逃亡後、やけにコミカルになっちゃって。
逃亡用の服とかもすごかったけど、あれすごかったね。
なんか電機屋かなんかのテレビで逃亡のニュースが流れちゃって、
「あ、これこのひと。となりのひとオレ、オレ。」ってすごく嬉しそうで。
あの松方がひーひー言ってたね。もう爆笑。

でもなんか知らんけど、後半はやけにシリアスになっちゃってさ。
あんなに遊んでたのに。

最後、捕まるの覚悟で戻るじゃない。
牛乳屋さんの車でさ。
やっぱり最後はひっさらっていって、松方だなーっておもった。
やけにかっこよく締めちゃって、ずるいね。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-03-24 20:13 | театр

脱獄大作戦 その5

『暴動島根刑務所』
監督:中島貞夫
脚本:野上龍雄

この松方刑務所シリーズの特色のひとつなんだけど、
支配する側とされる側のメンバーがころころ入れ替わるね。
あれ、このひとこないだ警察側だったのに…とかその反対とかが
よく起こってちょっと可笑しい。

さて、断然前作のほうがおもしろいわけなんですが、
まー役者さんも少し変わって、これはこれでおもしろかったですね?

あーそうだ。慶様が出てたんだよ。勿論六宏さんも出てるよ。
もうそれだけでボルテージ上がるでしょ?
なのにトップが何故か伊吹吾郎。
そう、前作ではいきなり死んだ伊吹吾郎。
それが刑務所のトップ。
そんなぬるいトップなのに、邦衛をいじめた。

邦衛はあんなにいいやつなのに。
邦衛はただブタを育てたかっただけなのに。
邦衛があんなにもブタをとりあげねぇでくれって頼んだのに。
どーゆうことだ!

その刑務所を支配しようとする松方たちのなかに、北大路。
もーこーしゅかさんはわかっているね。さばかたちと北大路さんの相性が
あまりよくないことは。
どうもいけすかねぇな。

あーそうだ、金子信雄が…ククク
前回はかなり偉かった金子信雄が、今回は収容されてる側でさ、
松方のごはんとろうとすんだよね。
そこを邦衛が守るんだよ。
で、刑務所でのごはんのたべかた教えたね。
あれ、勉強になった。
そのあとの授業料のとりかたも勉強になった。

まーそんな信雄にきれて、松方にいきなり殺されたね。
血ぶしゅー。

あとあと出てくる、川地さんがよかったなー。
ちょっと細いからね。外で会うってのが合ってるね。
あのお金松方にとられるシーンで、妹がお茶の缶にもっと入ってるよって教えちゃって
「お前…!」みたいな、あのシーンすごくすきだった。
カワー。

ふむ。中谷一郎も出てたね。

あのさ、刑務所ジャックするきっかけがさ、なんかごはん出してくれなくってさ
ひもじいじゃん。
しかもラジオも消されてさ、おれたちの楽しみ奪いやがって―って感じがきっかけじゃん。
あれも可愛いよね。
え…そこ!って感じで。
そーだよ、可愛いんだよ。
中島さんはこのへんもおじょーず。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-03-24 19:55 | театр

脱獄大作戦 その4

『脱獄広島殺人囚』
監督:中島 貞夫
脚本:野上龍雄
原案:美能幸三
撮影:赤塚滋
美術:吉村晟
音楽:広瀬健次郎

今回の特集のピークはここだったとおもう。
見た人はわかるとおもう。

松方のことはちいさいときからすきだ。
もしかしたら、さいしょにすきになったひとはこのひとなのかもしれない。
その松方の魅力が爆裂している。
仁義なきのおもちゃ屋で殺される松方レベルのかっこよさなのである。
見た人はわかるとおもう。

のっけから阿呆である。
この阿呆さ加減が松方の魅力。

和服も洋服も似合っちゃってさ、顔も可愛いし。
声だって低音から高音まで出ちゃうし。
そのうえ、頭もきれるんだけどでも阿呆、なのである。

あーそうだ、なんかトレンチとかも着てたね。
この作品だよね?ちょっと頭こんがらがってんだけど、多分そうだったとおもう。
なんか、完璧な変装だとか言ってさ…可愛いんだよ!

さて、名和ちゃんがいきなり殺されて、ちょっとびびってしまった。
そのあとの松方の浴衣もかわいかったね。

音楽をやってたからかな。リズム感がすごいひとで。
一体どういうことなのかわからないけど、
このひとが演じるのと演じないとではまるっきり変わってきちゃう。

勿論脚本もいいんです。
あの美能幸三ですから。
でもやっぱそこにこのひとがのっかると無敵なのかな、とおもう。
あと、のせかたもうまいんじゃないかな。
最近の監督さんはもう少し役者を好きになったほうがいいよね。

すごい松方がすきなんだろうなってことがわかる。
番町シリーズのときもさ、あぁ辰兄のこと、新伍のこと、すきなんだろうなってわかるじゃない。

全部が松方のほうを向いてて、松方讃歌の映画だった。
だから、こっちにもさ、ガンガンくるわけですよ。
どの松方みてもかっこいい。
かっこよすぎてボルテージガンガン。

逃げる松方も、激しく苛められる松方も、捕まる松方も、
白いお米食べる松方もおにぎりほおばる松方も最後の大根かじりながらの松方だってさ。
全部全部異常な光放っていて、こっちも異常に興奮状態。
1本通してそんな感じよ。

大谷直子もきれいだった。
渡瀬さんもちらっと出てたね。
あー伊吹吾郎はすぐ殺られたな。
西村さんは…あーそうだ…あっけなく死んだ…よ…
そして小松さんは…はは。なんだあれ。
金子信雄はもちろん金子信雄で、
富さんもかっこよかったなー。
室田日出雄さんもなかなかのポジションでさ。。。わかる?
この豪華すぎる顔ぶれ。
でもぶつからないんだ。

中島さんはこのあたりがすごくおじょうずなんだね。
ちゃんと誰を核にするかのバランスがとれるひと。
だから、辰兄もさ、すごくかっこよく撮るんだけど松方の邪魔はさせなかったじゃない。

ほんとうにおもしろくて、何回でも見たい。
うわーDVDほしーよー。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-03-24 19:36 | театр

ホームページ更新したよ

もとSE(システムのエンジニア)のコーシュカさんの手助けは一切なく
Собака姐がホームページをいつの間にか作っているが
今日も独力で更新されましたヨ。

作品ページが大規模工事された。
姉歯物件じゃないから、安心だ。
讃えよ。讃えよ。


                                        コーシュカ
[PR]
by pastsarami | 2013-03-20 16:03 | HP

脱獄大作戦 その3

どうやら相当にほうっといてしまったらしい。
『脱走遊戯』
監督:山下耕作
脚本:高田宏治、関本郁夫、大原清秀

千葉様の映画。
あーかっこよくてボルッテージが限界を突き破った。
いまの日本にアクションなんてものはないから
久しぶりに見てもー興奮しちゃってさー。
なんでヘリからのロープにつかまりながら、服を着替えなきゃならないのかが不明だが
そんなことできちゃう千葉様ね。
もーあのシーンだけで500メートルはふっとんだとおもう。(注:さばかのボルテージの話ね)

あー、それで栄太郎さんがまた出てくるんだけど、さすがの栄太郎さんだったね。
最近よく見るんだ。これ、何かあるのかな。。。
さいごの栄太郎さんのシーンは栄太郎さんじゃなきゃ、あんなにさばかを楽しませないんだ。
そうなんだよ、コシカさん。
さいごくるまごとふっとぶんだ。うぎゃーって。

とにかく、千葉様ははちゃめちゃなんだけど、
他の作品とは勢いのレベルが違った。
完全に違った。
今回の特集はここから猛烈な勢いを増した。

あーこのDVDほしい。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-03-16 18:25 | театр

現代文学栄華館2 その18

『積み木の箱』
監督:増村保造
原作:三浦綾子
脚本:池田一朗

てっきり緒形拳がもっと悪いやつなのかとおもってたら
ふつーに好青年でびっくりしてしまった。

しかし拳さんと若尾文子のカップルが成立するとおもうと
なにやら背筋が凍るようである。
この作品の中ではふたりともおだやかな感じだけど
絶対激しいよね。喧嘩とかされたらきっと旅館のひとつやふたつは壊されるね。

増村監督の作品と考えるとあんまりなんだけど
すきなひとはすきなのかなぁ。
さばかはあんまりなんだけど。

あー、あのおねえちゃん役の少女はすきだった。
なんか、ルックス的にはどちらかというと派手ではないんだけど
普段舞台やってるんだろうなという感じで、グイグイ引っ張ってくものがあった。
特に後半はすごかったんじゃないかな。
あの、いきなりすぎる妊娠を信じ込む父親も父親だけど…苦笑
声質もよかったし、さばかはすきだったよ。

あー…あとあれだ。
おかあさん役のひとの昔シーンでさ、そのままその女優さんがやってて
それが無理ありすぎて爆笑。
いやーあれはちょっと…苦かったな。
大体あの髪型はなんだ。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-03-16 18:09 | драма

更新してたよ

HP更新してたよ。
ネクタイと足袋だよ。
こーしゅかさん、またネクタイ作らないかな。

明日、もう少しちからがあれば、また更新したいとおもうよ。
えいがのこともかきたいとおもうよ。

しかし、今週もハードスケジューリングなわけで、ちからがあればだが。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-03-15 13:38 | HP


ホームページはこちら
外部リンク
画像一覧
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング