Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

のびていたんだと

ろうそくの火はもう消えかかっていて消える筈だったんだとおもうんだ。
でも鬼って芸事好きだし、きっとむかえにくるひともまけたんじゃないかな。
もっと演りたいんだって謂われて、ほのおを大きくしてくれたんじゃないかな。
あのひとたちももっと見たくてたまらなかったんじゃないかな。

だからやっぱり駄目だったとかじゃなくて、ここまでのびたんだとおもう。

あのひともずっと休まなかったひとだろうからやっとおやすみなさいがきた。
やっとやっとのおやすみなさい。

Собака
[PR]
by pastsarami | 2013-02-06 00:53 | на днях
<< コーシュカさんのナスターシャ 現代文学栄華館2 その10 >>