Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ポストに詩集

安達の可愛さ、100万ボルト。
なんだろう、無茶苦茶可愛くて、お人形さんみたいなんだけど、
ちゃんと色っぽいんだよね。他にはあんまりいない。
すきだ(告白)。

さて、うちの母親は詩を書くひとで、今、ある詩集に参加してるから
定期的にその詩集が届くんだけど、いつもおもう。
自分はなんて恵まれた環境に生まれたんだろうって。
前にも書いたかな。

家に帰って、ポスト覗いて、手紙来てたら嬉しい。
でもそれとはまた違った嬉しいがポストに入ってる。
詩集は別に、手紙と違って自分に向けられたものじゃないんだけど、
でもなんか手紙とおなじような感じがする。
自分に向けられたわけではないその言の葉が、むしろ手紙よりもっとずっと
まっすぐな、建前じゃないもののような感じもする。

そこに乗せられた今回の詩は、別に今書かれたものじゃないかもしれない。
1年前かもしれないし、5年前かもしれない。
でも今、乗せようって選ばれたその詩は、やっぱり今の彼女の詩なわけで。

今回の詩もいつもと同じで、よくわからない、なんか悪夢みたいな詩で。
いつからか、母親は母親でありながら、ちいさな子供になった。
でも詩の中の母親は、いつもちゃんとした大人っていうか、
他の人から話しかけられるひとりの人間で、子供にはならない。

詩とは別に、いつもエッセイみたいのが載ってて、
今回は押し売りについてのエッセイで、それも愉しい。
コーシュカさんから「いいよ」って聞いてたけど、やっぱりよかった。

ポストに詩が届いてる。
一方的に届いてる。
返事はいつもしない。大概、何も伝えない。
受け取ったままだから、たくさんたくさん自分の中に留まってる。

[PR]
by pastsarami | 2018-06-04 21:03 | на днях
<< 可愛過ぎる鶴たんのお師匠さんは... yelp更新 ル クール ビューと権 >>