Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

独創的な「よこはま・たそがれ」そして紙博

昨日はコーシュカさんを誘って会社へ。お祭りだったからね。
全然お客さんこなかったけどね。
でも、チロルたくさん買ってくれたひともいたから、うれしい。

元社員のおじいちゃん?おじちゃん?が去年からリサイタルを会社内で披露
してくれるので、あのカオス状態をどうしてもコーシュカさんに見せたかったのだ。

完全アカペラで、使い込まれた歌本を手に、何曲も披露してくれるのだが、
びっくりしたのは「よこはま・たそがれ」。
よこはま・たそがれ・ホテルの小部屋~♪というあの有名すぎる最初のフレーズ。
それを大胆にアレンジしている。
なんかもはや、ラップ調か!?と思わせる程に彼のアレンジは激しく、
「よこはまたそがれホテルの小部屋くちづけ残り香煙草の煙…♪」と
隙間なく歌詞が続いていくアレンジ。衝撃…!

残念ながら我々は紙博に行かねばならなかったので
3ステージ目以降は聞けなかった。後ろ髪ひかれまくった。

で、紙博へ。
a0123602_13234132.jpg
手紙社さん主催。
別に意識してなかったんだけど、手紙社さんのイベントは大変センスがよろしく
いつも可愛らしい。「あ、可愛い♡行きたい♡」っておもうイベントは
いつも手紙社さんのイベントのようで、
なんだかんだで可愛い布博やら、吉祥寺パルコでやってたイベントやら、
こないだの蚤の市イベントやらで今回がうっかり4回目。

で、こないだの蚤の市のときもおもったんだけどね、
可愛いんだよ。とにかく可愛いんだけど、出店してるお店のテイストが似すぎてて
でもお店はたくさん出てて、結果、別に何も買わないっていう悲しい結末なんだよね。
例えば雑貨屋さん行ってさ、それがひとつポンって置いてあったら、
「可愛い―♡」って買うと思うんだけどさ、
あっちでもこっちでもおなじようなものが売られまくってるとさ、
なんか気分が乗らなくなっちゃうんだよね。
可愛いんだけど、別に家に持ち帰りたいほどではないかな、ってなっちゃう。
それか、自分でつくれるかな、ってなっちゃう。

やっぱりね、自分でつくれるからいいやってなるのは、作品じゃなくて商品なんだよね。
反対に、つくれるけど買いたい!ってなるのは作品なんだとおもう。

あと、今回の会場東京都立産業貿易センターってのがさ、
実は来週も行きますがね、
ただのスペースだから、凹凸がない場所なんだよね。
しかも入口から全部を見渡せる位の大きさだからさ、
かなり閉塞感がある。そのなかで、大した段差もなくあのちまちましたもの
並べられても、はっきり言って見にくいんだよ。
お客さんがわーって並んでたら、後ろから見ようとおもっても見えない。
手紙社さんのイベントはいつもそうなんだけどね。
ただ、こないだの蚤の市に関して言えば、一部屋内もあったけど、屋外スペースも
多かったから、そんなに気にならなかった。大きいものもあったし。

今回の紙博、そんななかで唯一段差があったりして比較的見やすかったのが
手紙社さん。はは、主催者だからね。
他のお店はそこのところ、勉強したほうがいい。
そして手紙社さんもそこのところ、他のお店にも注意したほうがいい。
イベントとして成功させたいならね。
収益は全然変わるとおもうよ。

あともうひとつ、比較的見やすいお店があって。
例えば壁際のお店なんかは、壁のほうにスタッフさんが並んで、
お客さんはその向かいから見るってかたちだったんだけど、
真ん中付近にあったこのお店は、スタッフのスペースを極限まで小さくして、
お客さんがほぼ360度ぐるぐる商品を見られるようにしてた。
だからね、すごく見やすかったんだよ。正面にいなくても商品手にとれるしね。
で、その結果、今回はこのお店のみで買い物をした。
a0123602_13394049.jpg
可愛いー。おばあちゃんに手紙書く。
¥800と値段もいいかんじだ。
レターセット

a0123602_13404917.jpg
別に使う用事もないんだけど、可愛いし安かったから。
¥300 メッセージカードセット

アトリエ アンクルダンクル さん

買い物してほっとした我々は、とりあえず足も疲れたし、
あんみつを探し求めた。浅草だしね。

で、夜ご飯を食べるまでの時間潰しにカラオケに入り、
別に大してうたうわけでもなく、本人映像のある歌を入れまくった。
明菜ちゃんのは、何故か明菜ちゃんの声入りだったので特によかった。
かっこいいし可愛いし、やっぱり明菜は最高だ。
なんか、ライブ映像だったし、ちょっと泣けてきた。
カラオケで明菜ライブ視聴会みたいになった。

他にも、ジュリーとか流す。
ぷぷ、やっぱり日村、ジュリーに似てる…いや、ジュリーは文句なしに
かっこいいからね!言っておくけど!
ソロのジュリーはちょっとイタリア伊達男っぽいよねーなんて話す。
でもこうしてみると、肉付き元々いいんだねーなんてことも話す。

あ、ジェリー・イェン!ジェリー・イェンだよ、コーシュカさん!
S・H・Eなんかも流す。
カタカナを目で追うと、音に間に合わないねなんて話する。

そして三定さんに天ぷらを食べに行き、
そばの上手さに舌鼓を打ち、帰路に着いた。

よい休日であった。













[PR]
by pastsarami | 2018-06-10 13:54 | театр
<< 違和感 ダイエットをするべき人間のボーダー >>