Собака и Кошка


パストサラミと目玉焼き2
by pastsarami

ぞうの国行ったよ その5 出会い、そして号泣 

新伍に関する傷は動物と世界陸上の保護膜が包んでくれてます。

女子三段跳びかっちょよかったな
あのチャンピオンすげーな
なんかすごかったね まず助走が。
走り高跳び予選もきれーでおもしろかった。
10000m走もすごかった…!あいつスゲーな!

さて電車に乗り遅れたものの
送迎バスは頼んでしまっていて
しかも電車は1時間に1本しかこない。
ということでタクシーに切り替えた。
コシカさんは言う。
「これも旅の一興だね」
ホントそう思う。
そういう風に言ってくれるコシカさんも一興であるよ 涙。

ここのタクシー乗り場は怖かった。
ずらーっと20台位黒いタクシーが並んでいる。
ヤーさん御用達ですか?
でも時間もないし乗るしかない。

いやータクシーもいいですなーと余裕ぶっこいてたら
お盆まっただ中の為か
道が混んでいる。
送迎バスに間に合わない。

運転手さんにあとどれくらいかきいてみた。
その時初めて顔を見た。
運転手さん無茶カワイーの☆
65歳。

急いでると知ってすごい心配してくれる。
優しい言葉。
速い道を一生懸命考えてコースも変えてくれる。
道が混んでて立ち往生してる時間はメーターをストップしてくれる。
「可哀相だから」って…涙。

送迎バスはあきらめた。
コシカさんはお金を下ろしてくれてたので
ぞうの国まで直接行ってもらうことにする。
運転手さんはいつまでも優しい。
「スミマセンね」と言って申し訳なさそうにする。
運転手さんのせいじゃないよ。
っつーか電車乗り過ごしたうちらが100パー悪いだけだし。
「ホントに可哀相だから」って言って
途中でメーターのスイッチ切ってくれた。

「前の会社はゆるかったからいいんだけど
今回の会社はすごく厳しくて
あんまりやると怒られちゃうんだ。
これくらいしかできないけどゴメンネ」

…涙。
10000円くらいかかるところを6000円にしてくれた。
ほぼ半額じゃなですか…!

聞くと前は学生さんとかが乗るとよく安くしてたと言う…。
いい人だ…涙。

ぞうの国のクーポンとかも探してくれる。
なかったけど、いいんですよ。そんなの。
この辺からもうホント泣いてました。

途中で工事してて道を間違える。
可愛い…。なんて可愛いんだ…。

ぞうの国に着いた。
運転手さんとお別れだ。
さみしい。
胸がキュンキュンする。
笑顔をくれる。
涙が溢れそうになる…我慢だ。
6000円のタクシー。安すぎた。
10000円払っても安すぎるくらいだ。

ありがとう…ありがとうございます!
涙を拭いて…さぁぞうの国だ!

a0123602_10502951.jpg

            注:激情のあまりびりびりに破いてしまったメモリー

собака
[PR]
by pastsarami | 2009-08-20 12:58 | слон
<< ぞうの国行ったよ その5 アヒ... 新伍がいない世界 >>